おもちゃせどり タミヤ プラモデル 稼ぎ方

ホビー せどり

こんにちは!ジローです(^^)/

今回はプラモデルで世界的有名メーカーTAMIYA(タミヤ)の商品について解説させて頂きます。

タミヤのプラモデルは昔から根強いファンが多く子供~大人まで幅広い年齢層に人気があり希少価値が高い物だと、たった1個のプラモデルで100万円ほどの価値が付くものもあります!

そんな人気の高いタミヤのプラモデルはどんな物が高いのか?
またどんな種類の商品があるのか?などを初心者の方でも分かりやすく解説していきます!

↓ちなみにこちらはボクがタミヤのプラモデルをリサイクルショップで仕入れして販売した時に得た利益商品のデータです!
たった1個プラモデルだけで何と!211,952円も利益を取る事が出来ました!

こんな商品をどうやって見つけたのか?
それはこの記事を読み進めて頂ければ理解できると思いますので、是非最後までお読みください!

スポンサーリンク

TAMIYA(タミヤ)とは

TAMIYA(タミヤ)は、日本の模型メーカーで、ラジコンカーやプラモデル、工具などを製造している会社です。

1946年に創業され、以来、高品質な製品と革新的なデザインで世界中の模型ファンから支持されています。約78年前(現在2024年)

タミヤの製品は、正確なディテールやリアルな再現度、高い品質で知られています。
1/35スケールの戦車や航空機、1/24スケールのスポーツカーなどのプラモデルは、サイズも小さく価格もお手頃な物が多いので非常に人気があります。

また、タミヤはラジコンカー(RC)も世界的に有名で、競技用などの本格的な商品も販売されています!

ボクが1撃21万円利益になった商品もRCタイプの競技用のスポーツカーのプラモデルでした!

日本国内で一番知名度が高いタミヤの商品は『ミニ四駆』です!

タミヤは車のプラモデルが人気!

タミヤのプラモデルは主に乗り物系がメインで、ガンプラのようなロボットのプラモは全くありません!

商品化されている乗り物の種類も色々あります。

1.車(乗用者、スポーツカー、バイク)
2.戦車
3.戦艦
3.航空機
4.ミニ四駆

↑ざっくり例をあげてもこれくらいの種類が販売されています。

タミヤのプラモの中で最も人気が高く高額な値段が付きやすいのが『車』です。

特にスポーツカーと言われるレーサーが乗るような特殊な車のプラモが高額で取引されています!

サイズで価値が変わる⁉

タミヤのプラモにはサイズがあります!
簡単に言うと商品のサイズが大きくなればなるほど高単価な商品になっていきます!
数万円単位の大きな利益を狙うのであれば1/121/10スケールの商品を中心にリサーチする事をおすすめします!

サイズの記載は外箱にありますので、簡単に確認する事ができます!

【車の場合】
1/24<1/12<1/10スケール

↑こんなサイズの商品があります。
これは本物の車と比べた時のサイズを表した数値で、1/10スケールが最も高い値段になります。

【バイクの場合】
1/12<1/6スケール

【戦車の場合】
1/16<1/24<1/16スケール

【戦艦の場合】
1/500<1/350スケール

希少品(古い)の見分け方

次はレアなタミヤの商品の特徴について解説します!
一番分かりやすい特徴は、タミヤのメーカーロゴマークです!

↑上記の画像のように商品が製造されていた年代ごとに少しロゴが変化しています。
私たちが良く目にするタミヤのロゴマークは1966年~始まったものになります。
それ以前のロゴに関しては微妙にデザインが違うので、このロゴで古い商品かどうかを見分ける事ができます!

ちなみに1953年~1966年までの古いロゴは(旧)タミヤロゴと言われていて非常に希少性の高い商品になってます!

ちなみに(旧)タミヤのプラモは商品によっては100万円以上の価値があるので参考までに覚えておいて下さい!

バーコードが無い商品は激レア⁉

タミヤの商品にはたまに外箱にバーコード(JAN)の記載がない商品があります。
そのバーコードが無い商品こそ希少価値が高い商品の可能性があるので絶対に見逃さないで下さい!

どういう事かというと
実はバーコードの文化が始まったのは1978年頃~の話で、本格的に日本で普及したのは1982年移行になります。

つまりバーコードの無い外箱の商品は最低でも1980年代以前の可能性が非常に高いと判断する事ができます!

この記事を書いている現在が2024年なので、約40年ほど前の商品となります。
40年以上前の商品が残っている事なんて凄いですよね!

流石に40年も前の商品を今から店舗で探して見つかるかどうかで言うと滅多に見つかりません。ですが高い商品の特徴を知っておく事で、本当に自分がその商品に遭遇した時に気づける知識がなかったら、みすみす利益商品を取り溢してしまう事になるので、再現性は低いですが覚えておいた方が良いと思います!

型番に注意!

実はタミヤのプロモには落とし穴があります。

それは商品の型番です!
通常タミヤのプラモをリサーチする時は『タミヤ サイズ(1/10) 商品名』をメルカリなどで検索すれば商品の履歴を調べることができます!

ですがたまに同じ名前の似たような商品も一緒に出てくることがあります。
箱のデザインよく似ているので仕入れ判断がすごく惑わされます。

販売履歴の価格でも以上に安かったり、逆に以上に高かったりする事があるので
タミヤのプラモは箱のデザインだけでは正確に商品を判断する事ができません。

そこで↓こちらの箱に記載されている型番を確認する事で正確な商品の情報を把握する事が出来ます!

タミヤの商品の型番は外箱の表面には記載されておらず、箱の横側に記載されている事が多いです!

右側の矢印のようにKIT NO.BS0608と記載された部分があります。
この数字こそがタミヤのプラモの商品型番になっています!
KIT NO.の隣の青い数字は製造された時期の番号なので、この数字が大きくなれば再生産された商品という事になります。

型番の記載には2種類あり1つが↑の『KIT NO.(キットナンバー)』です。
もう一つは『ITEM NO.(アイテムナンバー)』と記載されています。

記載さている型番はKITかITEMのどちらか1つなので、この型番を見る事で最終的な商品の確認をする事が出来ます!

似たような商品で異常に値段が安かったり、高かったりしていた時は、大体この型番が違う商品の場合が多いので、ここを確認しないで仕入れてしまうと大赤字になるかもしれないので、気を付けるようにして下さい!

小さいサイズの利益商品について

上記でサイズの大きい商品が高い!と解説しましたが、小さい商品でも利益になるものも多く存在しています。

それは本物のサイズ(リアルスケール)を想像する事で簡単に利益商品を絞込む事ができます!

↑こちらの2つの商品は実は同じ1/6スケールの商品です!
画像でもはっきりと分かるように箱の大きさが全然違います!

奥の大きいバイクは、BMW R90Sというバイクで本物の直径は約2m弱あります。

それに比べて手前の小さいバイクは、ダックス ST70というバイクで本物の直径は約1.6mほどです。

こうやって考えるとプラモデルにした時に元々小さいバイクが大型のバイクと比べてパーツも小さく数も少ないので、商品自体がコンパクトになるのは当然ですよねw

なので元々本物が小型のバイクだったり、車だった場合の小さいプラモは利益商品として取りやすい傾向になっています!

小さいサイズのプラモは数が多いので流石に売場の商品を全てリサーチするのは大変です。
なので上記のようなリアルサイズの1/6スケールに絞るというリサーチはおすすめです。

あとは、原付バイクやスポーツカー、軽トラックなどの一般的に乗用車としてはあまり乗られない車種の商品をリサーチすると利益商品が見つかりやすいです!

販売価格はAmazonや楽天ショップなどのプレミア価格を参考にして仕入れると高すぎて売れない可能性があります。

なので販売時の価格予想は、ヤフオクやメルカリ相場でも利益が取れそうなら仕入れる!と言った判断で良いと思います。

Amazonや楽天ショップのプレミア価格は一見売れてそうなデータが出てきますが
高い値段になっているだけ売れていないという事が現実です。
ボクも何度も騙されて損切りしてきましたw

なのでAmazonなどのショップで販売する時はヤフオク、メルカリより少しだけ上乗せした価格くらいで出品すると売れやすいので、販売価格の設定は間違えないよう気を付けて下さい。

販路はヤフオクがおすすめ!

タミヤのプラモデルの販売はヤフーオークションがおすすめです!
メルカリやAmazonでも売れますが、一番反応が良いのがヤフオクです。

ヤフオクでは毎日のようにタミヤのプラモが取引されています。
特に上記でご紹介したようなレアなプラモの場合は数十万円クラスで取引されています!

車のプラモって買う人いるのか?と思われがちですが相場をフル無視するような高額な値付けにしない限り、意外とすぐ売れるのでタミヤのプラモは積極的にリサーチする事をおすすめします!

ヤフオクの商品を登録する時のタイトルには、先程のKITナンバーの記載も忘れずに載せるようにして下さい!

(例)『TAMIYA タミヤ サイズ(1/10) 商品名 KIT NO.』
↑こんな感じです!

まとめ

以上がタミヤのプラモデルの解説になります。

タミヤは小さいサイズの商品~大きいサイズの商品まで幅広く利益が取れる商品がリサイクルショップでは、まだまだ大量に拾えます!

乗り物系のプラモなんてマニアック過ぎて売れなさそう~というイメージが非常に強い商品ですが、実際は良く売れる商品ですので仕入れ価格さえ間違えなければ怖がることはありません。

種類が多いプラモコーナーですが、まずはタミヤのプラモだけに絞ってリサーチしてみて下さい!意外と普段通っている店舗にレアな商品が残っているかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました